カーセックス盗撮は赤外線投光器と暗視カメラ

カーセックスは赤外線投光器と暗視カメラで

カーセックス、オープンなセックスなのか秘めたものなのか、分からない営みですね。
盗撮された写真がインタネット上などで流出していますが、どのように撮影するのかご存じですか?

暗闇での画像が欲しい場合に用意するのは、まず暗視カメラです。
これで撮影環境が悪い場所でも快適な撮影が可能となります。
ですが、これだけでは奇麗な画として撮れませんので、鮮明さを引き出すために赤外線投光器で赤外線を出す必要があります。

この2つを用意した上で至近距離から撮影すれば良いのですが、ここで気をつけるべき点があるらしいのです。
車の窓との距離間です。窓から50cmも離れてしまうと、赤外線が車のガラスに反射し自分が映ってしまいます。
ですので、窓にぶつかるかぶつからない位まで接近する必要があるといいます。
これできっと盗撮する側は、満足のゆくカーセックスを撮影することができているのでしょう。

ですが、密かにセックスを楽しんでいる方々の邪魔をしてはいけません。

超高性能暗視カメラ

赤外線投光器