ツークリック詐欺についての対処方法

ツークリ被害に遭遇したら、どう対処すればいいの?

「えっ?ツークリサイトってなに?ワンクリの間違いじゃないの?」

そのような男性にこそ読んで欲しいページです。
最近、巷ではワンクリでは通用しなくなったと悟った人間による悪質な詐欺被害が横行しているのです。

《ツークリとは『ツークリック』、ワンクリック詐欺の進化系》

おそらく皆さん、大まかなイメージはできているかと思います。
では、ここからは、ツークリサイトの被害に遭った場合に、どう対処すれば良いのかをご説明します。

ツークリサイトの被害遭った場合の対処法と?

「何だか分からないままクリックしてしまったら、勝手にアダルトサイトに登録された…。」

人知れず悩みを抱えている男性、大丈夫ですので落ち着いて行動することが大切です。

もしもツークリサイトで詐欺被害に遭った場合は、ひたすら無視を貫ぬいてください。
これが1番効果的な方法です。

不安感から、つい高額な請求に応じてしまった男性もいるかもしれません。
ですが支払いに応じてしまう前に、一呼吸おきましょう!
このような被害に遭遇した時の1番の対策は、スルーすることなのです。

目立たないように記載されている利用規約は、決して全てが適用される訳ではありません。

・サイトの入室ボタンをクリックしたと同時に契約成立となる

随分とサイト運営側にとって都合のいい規約です。
このような内容も含めて、規約はユーザーが分かるように、しっかりと明記しておかなければいけません。
一方的な契約は、直接取引の場においても無効となるでしょう。
契約というものは双方の同意の元での話ですので、相手を騙す行為であれば不適用にできる場合があります。
もしも訪問したユーザーが騙されてサイト登録してしまったのであれば、契約無効と主張することが法的に認められています。

ですが、油断は禁物です。

悪どいことを考える人間というものは、頭も賢く回るのです。

相手に不安感を芽生えさせるために、ユーザーのIPアドレスやプロバイダー情報などを、画面上に表示させるようにプログラムしておくのです。
それを登録完了後の画面に設定しておけば、知識を持っていないユーザーはかなり動揺するでしょう。
相手先に個人情報を知られてしまったという不安感、もしかしたら脅されるのでは?という恐怖心。
ツークリサイト詐欺を行う側としては、そういったユーザーの心理状態を巧みに利用するのです。

ですが、本当に大丈夫ですので安心してください。

IPアドレスやプロバイダー情報を知られたとしても、影響はありません。
これらの情報から名前や住所・電話番号などの個人情報を割り出すことは決してできないのですから。
ツークリサイトの運営者は、相手の心理状態を利用しているだけに過ぎないのです。

《IPアドレスやプロバイダー情報から個人情報が漏洩することは不可能。》
《騙された状態を持ってのサイト登録は、 契約無効を主張することが法律上可能。》

相手の策略に乗っからないでください。
正当性を持たない高額な請求額は払う必要がありません。

ツークリサイトの被害に遭った時は《無視を貫く強い精神力》が大切です。
何事にも動じない心を持ってください!

それでも不安視される男性は、消費者センターや警察に相談することも賢明です。

【消費者センター】
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
【警察庁(インターネットトラブル)】
http://www.npa.go.jp/nettrouble/index.htm

私がオススメする動画サイトは3つだけ

  1. 1919GOGO

    高画質な画質で様々なバリエーションがある。管理人の大好きな野外戦も豊富。

  2. ピーピングアイズ

    な・・何なんだ!このリアリティは?本物の盗撮サイトなのか?

  3. のぞき本舗中村屋

    ガチ盗撮サイト。赤外線やCCDを豊富に使っている感じがする。